恋と愛という漢字について

恋は旧漢字は,戀とかきます。

 

この漢字をぱっと見て思い浮かべたのが、糸電話でした。

糸電話で二人が会話しているシーンです。お互いが細い糸を使って会話をする様は、初々しくもあり、糸は細いですから、いつ切れてもおかしくない焦燥感や儚さを表現しているように思えました。さらに、心という文字が下についていて、心の不安定さまで表していると思います。

 

もう一方の愛という漢字は、

心が真ん中にあって、裏返しても、横にしても、何をしても心が真ん中にあって、心が安定している。だからこそ、服を脱ぎ、肉体同士で出会い、お互いの最先端同士が出会う。そして、物質、植物、動物、人間の服を脱ぎ、一番やわらかいいもの同士が出会い、子供が生まれる。赤子は宇宙一個分以上の生命の塊ですよね。

 

心の安定不安定で恋と愛を語ってみました。

 

感覚の世界なので、漢字とはすこし離れたかもしれませんが、休憩のような気分でお読みいただきたいです。