「名前」という漢字に秘められた想い

皆さん名前を持っているとおもいますが、本来なら「名」だけでよいところを「前」をつけて、名前とした所に知恵が隠されていることを発見しました。

 

「前」をつけることによって、名の前、つまり、生まれる前の決め付けられないあなたが本当の自分、あなたであるということをいつかわかるために名前という文字を今世まで残したのではないかという私の見方です。

 

そう考えるととても無理なく、無から有の説明が出ますし決め付けられない世界から、決め付けられた世界ができていることも納得できます。

 

本当はもっと無限大たのしみたい人生を楽しませなくさせているのには原因があります。