釈迦が言ったとされる天上天下唯我独尊について

天の上にも下にもただ、われだけが尊くあるものだ。

 

これも現実の観点から見たら、生きている命は尊いものだという教えと捉えることができます。

 

悟りの観点からみれば、ただひとつのみがある以上。尊厳そのものだ!といえます。

 

どこ観点から見るのかによって多様な解析ができます。