音は何の音を聞くのか?

音という漢字も神と非常に親和性のある漢字である。

 

神は音を発しない。

(だから闇という文字も音が入る)。

(闇の暗闇の中で神との交信、儀式を秘匿として行っていた。)

 

しかし、人の口を通して発することで、人に伝えることができた。

 

そのシャーマンが巫女である。

 

その儀式によって神との交信を聞くことができた。

 

神と言語は切っても切れない関係であった。

 

以上です。